病気の状態でお金を借りることはできる?

病気はおおよその場合突然襲ってくるものであり、中にはその治療費として膨大な額が請求されるようなこともあるでしょう。しかしそこで医療費を捻出できないということになると治療を受けることもできず、今後長くにわたって苦しめられることにもなりかねません。
ただこの「病気で医療費を捻出できない」という状態で「お金を借りることで乗り切ろう」と考えるのは、あまりおすすめできる手段ではないということは覚えておくべきでしょう。
まずそもそもこれが可能なのかと言われると、一応可能です。消費者金融から借りるにせよ銀行から借りるにせよ、病気の治療費目的としてお金を借りるケースは別に珍しい物でもありませんし、金融機関によってはメディカルローンとして医療費目的の融資をしているところもあります。また現在では総量規制によって消費者金融から借り入れられる金額に制限が加えられていますが、緊急の医療費としての貸し付けの場合はその総量規制の対象外になるため、消費者金融からでも年収の1/3を超えた額の借り入れが認められています。
しかし問題になる点があり、それが「現在病気にかかっている人がお金を借りるとして、今後返済できるのか」という点です。特に借入を申し込んだ人が明らかに完治に時間がかかるような状態にある場合、厳しい話ではありますが喜んでお金を貸してくれるようなところはなかなか見つからないことでしょう。
家族の医療費のためにお金を借りるなどのことは可能ですから、もし病気が原因でお金を借りる必要が出てしまった場合には家族に借りてもらうなどの工夫をすることも考えつつ、万が一働けなくなった時のために普段からある程度の貯蓄を持つことを心がけましょう。
お金の借り方完全ガイド|どうしてもお金が必要な時お金を借りる方法はこちら