消費者金融は完済しても、解約したことにならない

よく誤解されているのですが、消費者金融は完済しても解約したことにはなりません。どういうことかというと、消費者金融に例えば10万円の融資を申し込んだとします。審査に無事通過した場合、契約の運びとなりますが、この契約は厳密には今回10万円を融資するという内容ではありません。そうではなくて、いつでも、10万円までの範囲内であればあなたに融資することができますよという内容の契約になるのです。
両者の違いがよく分からないかもしれませんが、今回10万円を借りてその返済が完結するまでが契約期間なのではなくて、とにかく10万円までであればいつでも借りられるという契約内容なのです。つまり、消費者金融から借りた10万円を完済した後でも、後日お金が必要になった場合は、新たに申し込みや契約をすることなく10万円までならいつでも借りることができるのです。
これが、完済しても解約したことにはならないということの意味です。完済しても、消費者金融との契約はそのまま残っており、またいつでも借り入れができるのです。もちろん完済してしまえばその後契約だけ残っていてもお金の支払いが発生するようなことは基本的にありません。どんな消費者金融でも、年会費のようなお金は取っていませんので、仮に完済後に利用する予定がないときでも、解約せずにそのまま放置しておいてもお金がかかるようなことはありません。ただ、気になるようならもちろん解約することはできますし、それを渋られたり解約手数料がかかったりするようなことはありません。
消費者金融ランキングなど参考にして選びたいですね。